整理収納

森を見ずに木を見よ!?

今回は、整理を上手に進めていくための方法

ことわざの変形バージョンでお伝えいたします!

 

木を見て森を見ず

ということわざはよく知られていますね!

「物事の一部分や細部に気を取られて、全体を見失うこと。」です。

「木ばっかり見ちょったらいけんよ~」という意味なんですが、

今回ご提案する考え方は、

森を見ずに木を見よ!です。

逆に「一部分や細部を見て!」ってことなんです。

くみ
くみ
散らかった部屋を客観的に見るには、
木を見る=ひとつひとつのモノにフォーカスするのです!

森を見ずに木を見る→全体ではなくモノを見る

なぜ、ひとつひとつのモノにフォーカスすること(木を見る)が、

散らかった部屋を客観的に見ることになるのか??というと、

くみ
くみ
散らかりの原因が分かるから!なんです!


みなさんが整理を進めていくときに避けては通れない、モノと向き合う作業

自分にとって必要なモノなのか 不必要なモノなのか

一つ一つ手にとって判断しなければなりません。

あ~あ・・・また散らかった~

と、散らばっているモノをまたしまい込むのではなく、

なぜ、元の場所に戻されず放置されているのか
いつからそこにあるのか
誰のモノか
定位置が決まっているのか
定位置が動線と離れすぎていないか  など

モノと向き合い、整理するのです。

モノと向き合う

例えば、この写真を見て、どう思いますか?

散らかってる。

そうですね。散らかっています。

「散らかっている」→森を見るイメージと思って下さい。

では、木を見てみると、どうでしょう?

詳細はこの部屋の主しか分かりませんが、
ぱっと見だけでもいくつか挙げられます。

・床にレジ袋が散乱している
・椅子の上に置いたり掛けたりしている
・パイプハンガーの服がギューギューで、上から服をかけている

このように、ひとつひとつにフォーカスしていくと、

なぜ、散らかったのか原因が分かります。

原因が分かると、解決策が分かります。

・ゴミ箱の置き場所しだいでチョイ置きしなくていいかも
・服の量がハンガーのキャパを超えてるな。着ていない服があるかも

これが、モノと向き合う作業です。

まとめ

整理を上手に進めていくために必要なこと

“森を見ずに木を見よ!”

全体の散らかりではなく、

ひとつひとつのモノにフォーカスすることで、

散らかりの原因が分かり、解決策が見えてくる。

いかがですか?

このように、写真で見てみるのもとても効果的です。

スマホで撮影してみて、拡大して客観視してみてください。

必ず気づきがあり、原因が分かり、解決策があるはずです。

ぜひ、やってみてくださいね!

ABOUT ME
まきのくみ
整理収納アドバイザー、親・子の片づけインストラクター1級 ココロの状態は部屋の状態に直結し、子育てに影響を与えることを痛感し、整理収納アドバイザーに。 片づけが苦手だった経験を元に、子育て世代に向けた「片づけを通した笑顔の子育て」の講座が好評。男の子3人のママ。
整理収納アドバイザー2級認定講座のお知らせ

私のスタートは、この資格を取ってからでした。

もっとも変化があったのは、
前向きな性格になれたこと。


あなたも挑戦してみませんか?