未分類

整理収納アドバイザーがやっている、キープのコツ

makinokumi

整理収納アドバイザーならやっている、キープのコツ、何だと思いますか?

[chat face=”327E8DFC-B506-440A-A280-D3FA36E7027C.jpg” name=”くみ” align=”right” border=”none” bg=”gray”style=”maru”] それはズバリ、「見直し」です![/chat]

「整理収納アドバイザー」なんだから、モチベーションも高く、出したモノはキッチリ・カッチリ・スパッと元の場所に戻すんでしょ?って、思っていませんか??

そんな方もいると思いますが、私はぶっちゃけそ~でもない(笑)チョイ置きだってしちゃいますw

[chat face=”talk6_pink_woman.png”  align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] チョイ置きしても、キープって・・・なぜ!? [/chat]

それは、時々見直しをして、すぐに片づけられる仕組みになっているからです。

今回は、多くの整理収納アドバイザーがやっている「見直し」についてのお話です。

見直しに必要な「整理」のポイント

「見直し」は、一度完ぺきに整理をしていることが前提。
一度完ぺきに整理をしたとしても日々暮らしていると、モノは増えます。必ず増えます。一度整理したところが、一生そのままということはあり得ないのです。

整理収納の必要性がここまで生活に浸透してきて、「モノの整理」をやったことがある方は増えてきています。私の講座でもお聞きすると、たくさんの方が「一度はやったことがある」と回答されます。

これまでモノの整理を一度でもしたことがある方も、まだやったことがない方も共通のポイントはこれです!

「忘れていたモノ」「不要なモノ」にいかに気付くかということです。

[jin-iconbox07]・しばらく着ていない服、またはタグがついたままなぜかずっと着ない服
・引っ越しから数年開けていないダンボール
・便利グッズという名の場所だけ取ってるやつ
・使わないのに場所だけ占領している家電[/jin-iconbox07]

「なくても生活できている」事に気づき、認めることが大事です。

高かったから・・・もらったから・・・と、ただ持っているだけの生活あふれたモノに振り回されない生活と、どちらが理想かを考えてみましょう!

「見直し」はいつするの?

ざっくりいうと「時々」です(笑)

定期的でなくても構いません。逆に、「いつやる」か決めておいた方がやりやすければ、手帳で「見直し日」を管理しても良いと思います。私の場合は「あれ?なんだか散らかりやすくなってきた」と感じた時に自然と見直しています。

「見直し」の方法例

例えば、雑誌やレシピ本。

[jin-iconbox07]レシピはよく作るものが限られている
繰り返し作り、見なくなった
過去の雑誌は、また読むと思っていたけどずっと読んでいない[/jin-iconbox07]

雑誌やレシピは情報です。
「捨てた」「無駄な買い物をした」などと考えず、自分を成長させてくれたと考えるのはいかがでしょうか。

このように、生活していれば必ず物が増えるのは当たり前のことです。
だからこそ、「見直し」をするのが片付けやすい環境には必須なのです。

まとめ

いかがでしたか?
「見直し」の大切さと方法は伝わったでしょうか。

[box05 title=”キープのコツ”]・なくても生活できている「忘れていたモノ」「不要なモノ」に」に気づき、認める
・時々見直しをする
[/box05]

私を成長させてくれてありがとう、という気持ちでお別れし、モノに時間と心を奪われない暮らしを実現させましょう!

[box06 title=”あわせて読みたい”]捨てられない!から解放され、モノを手放す方法をしりたい方はこちら[/box06]

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
まきのくみ
まきのくみ
整理力トレーナー
「自分にはいつもゆとりがない」 いつも気ぜわしくイライラ。 子どもが小さかった頃「お母さん見て!」の声かけにどれだけ笑顔で応えられたか・・・ もう思い出したくないほどにゆとりがない生活を送る。 心にゆとりがない時は必ず部屋が散らかっており、そんな自分はダメダメだと自信も喪失。 自信もゆとりもない状態を救ったのは「片付け」のスキル。 自分にとって必要なモノと不必要なモノを取捨選択できるようになり、自信を持ち始める。 その後整理収納アドバイザーとなり受講生は500名を超える。 受講生の方のお悩みの多くは「時間がない」こと。 ~片付けたいのに時間がない、時間がないから片付かない~ このジレンマに終止符を打つのは「時間がない」を解決すること。 時間管理と片付けのスキルを磨けば必ず心に自信とゆとりが生まれると、自身の経験から 確信している。 生活の基盤となる「時間管理と片付け」に特化し、同じ悩みを持つ女性の笑顔を増やすことを使命とする。

    記事URLをコピーしました