未分類

大切な物 子どもの価値観

まきのくみ

[chat face=”komattamama.jpg”  align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] え?これ捨てないの? [/chat]

と思ったことはありませんか?

今回お話するのは、子どものモノを勝手に捨ててはいけませんよ~~というお話なんです!

経験が価値観を作る

なぜ、子どものモノを勝手に捨ててはいけないのかというと、モノに対する価値観が親と子どもでは違うから。

「価値観」というのはそもそも、その人の経験によって決められるものではないでしょうか。

子どもの大事な物

私の子どもの頃のことを例に挙げてみます。

絵に描いたようなド田舎で育った私は、外食に行くこともほとんどなくて、たま~に行くレストランでは興奮状態でした。

初めてハンバーガーを食べたのはなんと小6!ケンタッキーのバーガーで、今でもあの時の驚きと嬉しさと感動は覚えているほど。その頃のことはケンタッキーのお店を見ると必ず思い出すし、マックでも思い出すほどなんです。

記念にとっておきたい

そんな少女時代は、たまに行くレストランにある紙ナフキンに大興奮。

「記念に持って帰る」と行って、2枚くらいもらって帰り、自分の机の引き出しにしまってありました。

何かに使うのでもなく、「記念」に持って帰った紙ナフキンは、お店のネームが入っていたりすると、さらに価値あるモノに思えました。ナフキンとして使われることはなく、ず~っとず~っと、机の引き出しに入れていたのです。

石も宝物

今となっては可愛くて、おかしくて、愛しい思い出としてココロの引き出しにしまってます。大人が思っているのと子どもが思っているのとでは、全くと言ってイイほど価値観が違うものなんですね。今でも覚えているほど、あの時紙ナフキンは、私の宝物だったのです。

だから、拾ってきた石ころやどんぐりも、価値の無いものとして勝手に捨ててはいけないのです。使っているか使っていないかの判断も必要ですが、それだけではない。いつか、きっと捨てるときはくるし、同時に大切な思い出としてココロに残るんだろうなって、思います。

今回は、子どものモノを勝手に捨ててはいけないというお話でした。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
まきのくみ
まきのくみ
整理力トレーナー
「自分にはいつもゆとりがない」 いつも気ぜわしくイライラ。 子どもが小さかった頃「お母さん見て!」の声かけにどれだけ笑顔で応えられたか・・・ もう思い出したくないほどにゆとりがない生活を送る。 心にゆとりがない時は必ず部屋が散らかっており、そんな自分はダメダメだと自信も喪失。 自信もゆとりもない状態を救ったのは「片付け」のスキル。 自分にとって必要なモノと不必要なモノを取捨選択できるようになり、自信を持ち始める。 その後整理収納アドバイザーとなり受講生は500名を超える。 受講生の方のお悩みの多くは「時間がない」こと。 ~片付けたいのに時間がない、時間がないから片付かない~ このジレンマに終止符を打つのは「時間がない」を解決すること。 時間管理と片付けのスキルを磨けば必ず心に自信とゆとりが生まれると、自身の経験から 確信している。 生活の基盤となる「時間管理と片付け」に特化し、同じ悩みを持つ女性の笑顔を増やすことを使命とする。

    記事URLをコピーしました