未分類

もったいなくて捨てられない!

まきのくみ

整理を進めていくときにぶつかる壁。

[chat face=”komattamamamegane.jpg”  align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] 捨てられない・・・ [/chat]

という方が多い。

不必要なモノは捨てよう!と思って、すぐに整理が成功する方も多くいます。そんな成功した方のケースを見て、「私も捨てなくちゃ」と思ってしまうのかも知れませんね。

でも一方で「捨てなくちゃ」に苦しむ方も多く、整理を進める上での壁になっていることも・・・。その壁の一つに、「もったいない気持ち」があります。でも、「捨てるのがもったいない」からといって、すべてを残しておくことは、何の解決にもなりません。

今回は、「きちんとモノと向き合って“もったいない”の価値観を見直そう!」というお話です。

“もったいない”価値観の見直し

なぜ、“もったいない”価値観の見直しが必要かと言うと・・・自分の“もったいない”の基準が変わらないことには、モノは手放せないから。
もしも無理に手放したとしたら、必ず後悔してしまうことになります。

整理をする際、「使えるか」「使えないか」という基準で整理しようとしていませんか?

例えば・・・

爪切りがなかなか見つからなかったので新しい爪切りを買ったとします。しばらく経ってその爪切りが、引き出しの奥から見つかりました。

ここで、整理をすることになります。

その爪切りは、今からでも十分使える
でも、整理はここからが大事!

これまで、その爪切りがなくても生活できていた。思い出すこともなかったのです。

その爪切りを、また同じ引き出しにしまうのか、それとも手放すのか。

同じ場所に戻してしまったら、同じ生活のままです。なくても生活できていたならば、本当は不必要なモノなのです。爪切りはまだ使えても、自分にとっては不必要なモノ。
「使えるモノを捨てるなんて・・・」と思っていると、なかなか前に進めないのです。

[chat face=”926F3BC9-DD7E-4E43-BF6C-469807D5406D.jpg” name=”くみ” align=”right” border=”none” bg=”gray”style=”maru”] この考え方が分かれば、整理が上手くいきます!! [/chat]

[chat face=”komattamamamegane.jpg”  align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] そうは言っても・・・まだ使えるのにもったいない・・・[/chat]

もちろん、まだ壊れてもいないし使えるものを捨てるのはもったいないという気持ちはとてもよくわかります。

私もそんな葛藤がずっとありましたから。

葛藤を超えられないときは、こう考えましょう!

[jin-iconbox03]
これから多くのモノに奪われる時間の方がもったいない。
整理の体質になれないまま、同じことを繰り返すほうがもったいない。
[/jin-iconbox03]

 

「まだ使える」ものでも、この先使う予定がなければ、不必要なモノと思いましょう!

 

これだけははっきりした事実!

この葛藤を乗り越えた人が、整理を成功させています。

まとめとして

いかがでしたか?今回は、きちんとモノと向き合って“もったいない”の価値観を見直そう!というお話でした。「使えるか使えないか」という基準ではなく「必要か不必要か」。「不必要なもの」に気づかないことには、整理が進みません。気づく一番の近道は、今持っているモノと、きちんと向き合って整理をする、ことなのです。

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
まきのくみ
まきのくみ
整理力トレーナー
「自分にはいつもゆとりがない」 いつも気ぜわしくイライラ。 子どもが小さかった頃「お母さん見て!」の声かけにどれだけ笑顔で応えられたか・・・ もう思い出したくないほどにゆとりがない生活を送る。 心にゆとりがない時は必ず部屋が散らかっており、そんな自分はダメダメだと自信も喪失。 自信もゆとりもない状態を救ったのは「片付け」のスキル。 自分にとって必要なモノと不必要なモノを取捨選択できるようになり、自信を持ち始める。 その後整理収納アドバイザーとなり受講生は500名を超える。 受講生の方のお悩みの多くは「時間がない」こと。 ~片付けたいのに時間がない、時間がないから片付かない~ このジレンマに終止符を打つのは「時間がない」を解決すること。 時間管理と片付けのスキルを磨けば必ず心に自信とゆとりが生まれると、自身の経験から 確信している。 生活の基盤となる「時間管理と片付け」に特化し、同じ悩みを持つ女性の笑顔を増やすことを使命とする。

    記事URLをコピーしました