*「整理」

もったいなくて捨てられない!

整理を進めていくときにぶつかる壁。

捨てられない・・・

という方が多い。

不必要なモノは捨てよう!と思って、すぐに整理が成功する方も多くいます。そんな成功した方のケースを見て、「私も捨てなくちゃ」と思ってしまうのかも知れませんね。

でも一方で「捨てなくちゃ」に苦しむ方も多く、整理を進める上での壁になっていることも・・・。その壁の一つに、「もったいない気持ち」があります。でも、「捨てるのがもったいない」からといって、すべてを残しておくことは、何の解決にもなりません。

今回は、「きちんとモノと向き合って“もったいない”の価値観を見直そう!」というお話です。

“もったいない”価値観の見直し

なぜ、“もったいない”価値観の見直しが必要かと言うと・・・自分の“もったいない”の基準が変わらないことには、モノは手放せないから。
もしも無理に手放したとしたら、必ず後悔してしまうことになります。

もったいない!と思ってモノを手放せない人は、もしかして・・・
「使えるか」「使えないか」という基準で整理しようとしていないでしょうか?

「使えるか」「使えないか」ではない!

たとえば・・・

ずっと使っていなかった爪切りが、引き出しの奥から見つかりました。

こんな所にあったんだ!

と思いました。
その爪切りは、今からでも十分使える。
でも、これまで、その爪切りがなくても生活できていた。思い出すこともなかった。

ここで、整理をすることになります。

その爪切りを、また同じ引き出しにしまうのか、
それとも手放すのか。

同じ場所に戻してしまったら、同じ生活のまま。。。なくても生活できていたならば、自分にとっては不必要なモノ。爪切りはまだ使えても、あなたにとっては不必要なモノ。「使えるモノを捨てるなんて・・・」と思っていると、なかなか前に進めないのです。

くみ
くみ
これが、整理なのです!

まとめとして

いかがでしたか?今回は、きちんとモノと向き合って“もったいない”の価値観を見直そう!というお話でした。「使えるか使えないか」という基準ではなく「必要か不必要か」。「不必要なもの」に気づかないことには、整理が進みません。気づく一番の近道は、今持っているモノと、きちんと向き合って整理をする、ことなのです。

ABOUT ME
まきのくみ
整理収納アドバイザー、親・子の片づけインストラクター1級 ココロの状態は部屋の状態に直結し、子育てに影響を与えることを痛感し、整理収納アドバイザーに。 片づけが苦手だった経験を元に、子育て世代に向けた「片づけを通した笑顔の子育て」の講座が好評。男の子3人のママ。
整理収納アドバイザー2級認定講座のお知らせ

私のスタートは、この資格を取ってからでした。

もっとも変化があったのは、
前向きな性格になれたこと。


あなたも挑戦してみませんか?