*片づけ~子ども

子どもが片付けるようになるには

今回のテーマはズバリ、

子どもが片付けるようになるにはどうすればいいか?

片付けと子育ての関係・・・切っても切れない関係・・・
私の場合は一番の悩みのタネでした。

くみ
くみ
だからこそ、子育てにうまく取り入れちゃいましょう!! 

子どもが片付けるようになる2つのポイント

子どもに限らず、実は一緒に暮らす誰かさんにも有効な2つのポイントをご紹介します!

①子どもに合わせた、片付けやすい仕組みを作ってあげること
②子どもに合わせた、適切な声かけをすること

①片付けやすい仕組みとは

一言でいうと、子どもが「自分でできる」ように、子どもに合わせた収納を考えてあげることです。

例えば・・・何かの雑誌で見た素敵な収納ボックスを買ってきたとします。


でもそのボックスはおしゃれなんだけど、子どもにとってはフタの開けしめがしにくかったり、なんらかのやりにくさがあるだけで、片づけのハードルが高くなってしまうのです。

そこでもう、出しっぱなし~!脱ぎっぱなし~!片付けて~~ってバトルになってしまう。

だから、子どもに合わせて、片付けのハードルをグッと下げてあげることが、ポイントなのです。

②子どもに合わせた適切な声掛けとは

一言でいうと、子どもに気づきを与えるような言葉を選ぶということです。

例えば、子どもが学校から帰って、ランドセルをリビングに放り投げているとします。

ランドセルを片付けて欲しい時、どんな声をかけていますか?
昔の私は、「またこんなところに置いてる!早く片付けて!」って言っていました。

この声掛けを、子どもに気づきを与えるような言葉にするということです。

「ランドセルはどこに置くんだったっけ?」
「置き場所どこにしたっけ?」
「何かすること忘れてない?」

同じ行動を促しているのに、こちらの声掛けしだいで、「気づき」が生まれるのです。

ひと声かければ、何をしたらいいのかに気づき、自分でできる。私はそれで100点だと思います。

「何度言ってもやってくれない。」とイライラするよりは、いい親子関係が保たれるはずです。言われた子どもの方も「叱られた」という気持ちもなく、「できた」という達成感があります。

おわりに

さっそく実践できる2つのポイント、いかがでしたか?

片付けやすい仕組み作りと適切な声掛けを考えることは、親の愛情を届けることでもあるのではないでしょうか。

子どもが「できた!」「じぶんでできるよ!」って自信を持つことで自己肯定感を育めることにもなりますし、一番の効果は、親の笑顔!だと思っています。

ABOUT ME
まきのくみ
整理収納アドバイザー、親・子の片づけインストラクター1級 ココロの状態は部屋の状態に直結し、子育てに影響を与えることを痛感し、整理収納アドバイザーに。 片づけが苦手だった経験を元に、子育て世代に向けた「片づけを通した笑顔の子育て」の講座が好評。男の子3人のママ。
整理収納アドバイザー2級認定講座のお知らせ

私のスタートは、この資格を取ってからでした。

もっとも変化があったのは、
前向きな性格になれたこと。


あなたも挑戦してみませんか?