未分類

片付けとは?

片付けを難しく考えては いませんか?

くみ
くみ
片付け苦手・・・

私自身がじぶんに貼っていたレッテル。

でも、学んでみれば「こうすればいいんだ!」と分かり、そのとおりに実践してみただけです。

「片付け」とは、元の場所に戻すこと

「片付け」と聞くと、

私、物が捨てられないから~
苦手だから~

という方が多いですが、

よくよく考えてみると、そもそも「片付け方」をこれまで学んだことがなかっただけの話、なのでは??

片付けとは「元の場所に戻すこと」

「元の場所」が決まっていることが前提です。

それはわかるんだけど…その、「場所」の決め方ってどうすればいいの?

収納場所の決め方

一言でいうと・・・

使用頻度と動線に合わせて収納場所を決め、最少のアクション数で出し入れができること

モノの場所を決める時、例えば鉛筆は鉛筆を入れる場所、ハサミはハサミを入れる場所、と決めていれば、分かりやすい気がするけれど・・・

元の場所に戻すとき、「あそこまで持っていくのちょっとめんどう、後にしよ」 と、チョイ置きが積み重なって、散らかる結果に・・・。

くみ
くみ
だったら、やっぱり「使う場所に、使うモノ」が鉄則!
そして、動作の数(アクション数)を少なくすることです!

収納場所の決め方例

ハサミ

ハサミは家にあっても、幼稚園や学校で購入しなければならないことありますよね。
だから、家の中には結構な数のハサミがあることがあります。

「ハサミ入れ」という収納場所を作るよりも、ハサミを使う場所にある方が、しまいやすく取り出しやすい。
古紙や新聞をまとめるときのヒモと一緒に。

我が家では、玄関で作業するので、玄関収納に入っています。
我が家では、玄関で作業するので、玄関収納に入っています。

 

以前お片づけレッスンに伺った時に、お客様宅にはたくさんのハサミが出てきました。


皆さんのお宅では、どこでハサミを使いますか?
洋服のタグはどこで取りますか?
手紙はどこで開けますか?
古紙はどこでまとめますか?

使う場所に収納場所があると、しまいやすく取り出しやすいのです!

アクション数とは?

使う場所使うものと、せっかく決めても、しまったり取り出したりするのにめんどうだったら、片付けもおっくうになってしまいます。

アクション数とは、モノをしまったり取り出したりするときにかかる、動作の回数のことです。

引き出しを開けるだけなら1アクション。

もし、押し入れを開けて、その中の引き出しを開けるのであれば2アクション。

このように、アクション数を意識すると、「めんどう」だと思っていた片付けのハードルが少し下がり、片付けやすくなるのです。

まとめ

いかがでしたか?片付けのポイントを押さえていただけましたか?

片付けとは、元の場所に戻すこと。

元の場所は、
・使用頻度と動線に合わせる
・最少のアクション数で出し入れができる

この法則で、理想の暮らしを味わいましょう!

ABOUT ME
まきのくみ
整理収納アドバイザー、親・子の片づけインストラクター1級 ココロの状態は部屋の状態に直結し、子育てに影響を与えることを痛感し、整理収納アドバイザーに。 片づけが苦手だった経験を元に、子育て世代に向けた「片づけを通した笑顔の子育て」の講座が好評。男の子3人のママ。
整理収納アドバイザー2級認定講座のお知らせ

私のスタートは、この資格を取ってからでした。

もっとも変化があったのは、
前向きな性格になれたこと。


あなたも挑戦してみませんか?