整理収納

伝え方で変わる、子どもの片づけ

以前、セミナーを受講していただいた方がこんなことをおっしゃってました。

置き場所は決めています。ちゃんと、子どもの動線を考えているし、簡単にできるシンプルな方法です。子どもの意見も聞いて、一緒に決めたんですが、そこに入れてくれません。

状況を見たわけではありませんが、収納はカンペキ!と思いました。言うことないです。

なぜ出来ないの?

子どもだから・・・??

子どもは何回でも同じことを繰り返す・・・そんな生き物だとw

わが家の小3男子、多分100回以上、色んなコト忘れていると思います(笑)

でも、「できない子だな~」と思えずにいられるのは、私の気持ちの持ち方だと思っています。(これは3人目の貫禄かも知れないけどw)

できる、しかけ

出来ていないことを指摘せずに、出来るようにするちょっとした声掛けで。

「ランドセル置きっ放しよ!」

「また 片づけてない・・・」

「どうすればよかったのか覚えてる?」

「どこに入れるって決めたっけ?」

など、「できた!」と思わせる声掛けが、お互い気持ちがいいのです。

それでも何度も言わせる生き物(笑) それを楽しむしかない!

ぶっちゃけ時々キレるけど~~~w

ABOUT ME
まきのくみ
整理収納アドバイザー、親・子の片づけインストラクター1級 ココロの状態は部屋の状態に直結し、子育てに影響を与えることを痛感し、整理収納アドバイザーに。 片づけが苦手だった経験を元に、子育て世代に向けた「片づけを通した笑顔の子育て」の講座が好評。男の子3人のママ。
整理収納アドバイザー2級認定講座のお知らせ

私のスタートは、この資格を取ってからでした。

もっとも変化があったのは、
前向きな性格になれたこと。


あなたも挑戦してみませんか?