未分類

整理~意識改革のための3ステップ

まきのくみ

[chat face=”komattamamamegane.jpg”  align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] 捨てなきゃよかったと後悔しそうで・・・また使うかもしれないし・・・ [/chat]

[chat face=”komattamama.jpg”  align=”right” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] 人からいただいたモノだとなんだか罪悪感が・・・[/chat]

[chat face=”komattamamamegane.jpg”  align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] もったいないしね・・・ [/chat]

本当は、いらないモノを捨ててスッキリしたいのに、こんな理由でストップがかかって整理が進められない!とお悩みではありませんか?

[chat face=”チラシ用写真.png” name=”くみ” align=”right” border=”none” bg=”gray”style=”maru”] 今回は、私が実践して意識改革できた、
捨てられない!から解放され、モノを手放す方法をお伝えします! [/chat]

急がば回れ!距離置き3ステップで意識改革!!

後悔せずにモノを手放すコツは、ズバリ!納得して手放すということ!
納得しないまま捨ててしまうから後悔が残ってしまうんです。

もう、自分には必要ないと納得してモノを手放すには、距離置きがオススメ!3ステップでご紹介します!

  1. 片づけ本から距離を置く
  2. モノとの距離を置く
  3. 時間的な距離を置く

①片づけ本から距離を置く

[chat face=”komattamama.jpg”  align=”left” border=”gray” bg=”none”style=”maru”] 私、なかなか捨てられないんです・・・ [/chat]
と言わせているのは、捨てて捨ててスッキリ快適になったビフォーアフターの情報なのかもしれません。


いったん、片づけ本や片づけ雑誌は見えない所に隠し、もちろん買わないようにしてみてはいかがでしょうか。

素敵な収納方法や、収納アイテムの情報が入ってくるアプリなどを登録している方は、非表示にしてみましょう!

なぜなら・・・

やらなきゃ!って思っている頑張り屋さんほど、たくさんの情報・知識を持っています。
なのに、実際の整理が進まないのは色んな情報が入りすぎて、混乱しているせいです。

片づけの情報から、距離を置いてみましょう!

②モノとの距離を置く

ずっと使っていないモノで、使う予定は未定。

となると、この先も使う確率はかなり低い。
この時点で、手放す判断が付けられたら楽ですが、なかなかそうはいかないモノもありますよね。

そんな時にオススメなのが、迷い箱を用意すること!

入れるモノにもよりますが、
長い期間の距離を置きたいのであれば段ボールよりもこのようなものをオススメします。
(防虫のため)

判断に迷うモノから距離を置く。
③の時間的な距離を置くことにも通じるのですが、普段の生活から見えなくしてしまうことが目的なんです。

だから、取り出しにくい所に置くのがオススメ。

持っていることを忘れてしまうくらいならば、自分にとって必要のないものなので、手放す判断が付きやすくなるのです。

③時間的な距離を置く

昔、私は雑貨屋めぐりが大好きでした。古モノやナチュラルな雑貨は今でも好きですが、昔は飾る場所も考えずに「好き」だけで買い集めていました。

この写真は2年ほど前に整理したときのもの。この中からいくつか手放したのですが、実は手放すまでに1年も距離を置いたのです。

だって、お金を出して買ったし、思い出もあるし・・・
でも、本当に飾りたいモノと、メンテナンス(掃除)のバランスを考えると、「なんでこんなに無計画に集めてしまったのだろう」という気持ちになったのです。

それは、時間を置いてこれはなくてもいい、今あるモノで十分と分かったから。

例えるなら

パソコンのゴミ箱!

パソコンのゴミ箱って、完全に削除しない限り消えてなくならないでしょ?

思い出して使う時が来るかも?という気持ちをいったん受け入れて「迷い箱」の中へ。

[chat face=”327E8DFC-B506-440A-A280-D3FA36E7027C.jpg” name=”くみ” align=”right” border=”none” bg=”gray”style=”maru”] でも!パソコンのゴミ箱のようにコンパクトではないので!
〇月〇日までに使わなかったら手放すという期限を付けることが大事です! [/chat]

箱に日にちを書くだけではなく、手帳やカレンダーに「迷い箱見直し日」と書き込んでみましょう!

迷い箱の中身がなくても生活が出来ることが分かった時、きっと手放せるはずです!

まとめ

どうでしたか?なんだかできそうな気がしませんか?

モノは、家に入れる時より出すときの方が労力が要ります。
壊れていない、まだ使える、思い出が・・・と思うのは当然。

必要ないって分かっちゃいるけど罪悪感。でも、スッキリしたいという葛藤。

だから・・・

[chat face=”チラシ用写真.png” name=”くみ” align=”right” border=”none” bg=”gray”style=”maru”] これはなくてもいい、今あるモノで十分と思えるため距離が必要なのです! [/chat]

整理収納は、モノと向き合うことの連続です。

手放す=捨てるではありません。
捨てる以外の手放す方法、譲る、リサイクル、寄付、バザーなど、納得いく方法で手放して下さいね!

[chat face=”チラシ用写真.png” name=”くみ” align=”right” border=”none” bg=”gray”style=”maru”] やってみたよ~!などお知らせいただけると嬉しいです!LINE@お友達登録お待ちしてますっ! [/chat]

Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!
ABOUT ME
まきのくみ
まきのくみ
整理力トレーナー
「自分にはいつもゆとりがない」 いつも気ぜわしくイライラ。 子どもが小さかった頃「お母さん見て!」の声かけにどれだけ笑顔で応えられたか・・・ もう思い出したくないほどにゆとりがない生活を送る。 心にゆとりがない時は必ず部屋が散らかっており、そんな自分はダメダメだと自信も喪失。 自信もゆとりもない状態を救ったのは「片付け」のスキル。 自分にとって必要なモノと不必要なモノを取捨選択できるようになり、自信を持ち始める。 その後整理収納アドバイザーとなり受講生は500名を超える。 受講生の方のお悩みの多くは「時間がない」こと。 ~片付けたいのに時間がない、時間がないから片付かない~ このジレンマに終止符を打つのは「時間がない」を解決すること。 時間管理と片付けのスキルを磨けば必ず心に自信とゆとりが生まれると、自身の経験から 確信している。 生活の基盤となる「時間管理と片付け」に特化し、同じ悩みを持つ女性の笑顔を増やすことを使命とする。

    記事URLをコピーしました