整理収納

整理を習慣化するには?

片づけの知識はたくさん持っているのに、なぜか散らかっちゃうのよね~
それ、ダイエットと同じだね~!
くみ
くみ
そうなんです。片づけはダイエットと同じなんです!!

〇〇ダイエット

とメディアでブームになればたちまちスーパーから〇〇が消えてなくなる・・・。
でも数日後には大量に余っている。

という現象・・・。何度もありましたよね・・・

はい、私も何度も食いつきました(笑)

続かない原因の一つに「忘れる」ということが挙げられます!

そう、なぜか忘れるんです。人間だもの(笑)

くみ
くみ
ということで、今回は整理を忘れずに習慣化させる方法をご紹介いたします!

整理を習慣化するには?

私がご提案する「整理の習慣化」はズバリ、「決めたことを忘れない仕組み作り」です。

なんだか当たり前のことを言っているようですか、実はこれがなかなかできないのが悩ましいところではありませんか?

なぜならば、「いつのまにか忘れている」から。

気付いたら決めたことを忘れてた!
あの時はやる気あったのに・・・

こんなことはないでしょうか。

整理を習慣化する仕組み作りは、たった2つだけ!

  1.   書き出し
  2. 「忘れる」を防止

書き出し

まずは、おうちの中の気になっている部分を「紙に」書き出してみましょう!

ここで大事なのは必ず紙に書き出すということです。

なぜ、書き出すことが必要なのかというと

  • 頭の中のモヤモヤを吐き出すことになります。
    私は毎日書き出しています。いろいろと・・・(笑)
  • さあ、どこを整理しよう?と悩まなくていい。

 

さあ始めよう、というときに、今日はどこをしよう?と悩んでいてはすでに時間がもったいない!サクッと始めるために書き出しは必須です!

書き方の例としては、

①まずは思いつくまま羅列

・キッチン
・リビングの引き出し
・子どもの洋服の数
・靴箱        などなど、思いつくまま

②①の中から気になる場所選んでを細かく

・キッチンの作業台が使いづらい。色々と置いているから移動したい

・リビングの引き出しがパンパンだけど、使ってるのは手前だけかも

・子どもの服いっぱいあるけど、いつも決まったのしか着ないから整理できる?

・靴箱に靴が入りきれていない。履いていない靴があるかも。

※このメモはずっと使います!

「忘れる」を防止

冒頭で言いましたように、人は忘れる生き物。
だから、忘れないようにすることが必要です。

私がいつもやっているのは「アラーム」をかけること。

くみ
くみ
キッチンタイマーではなく、時間を設定するアラームです!

アラームの時間は、なるべく誰のジャマも入らない(笑)時間。
小さなお子さんがいたら思った時間にできないかも知れませんが、意識付けにはなります。

 

このように、整理を習慣化するには「決めたことを忘れない仕組み作り」が大切。

まとめ

決めたことを忘れない仕組み作り

  1. 気になっている所を紙に書き出すこと
  2. アラームをかけて、忘れるのを防止すること

この2つ。

くみ
くみ
いかがですか?できそうでしょ?

まずは1日15分、やってみましょう!

習慣化するには、できるだけハードルを下げて始めて下さい。

アラームがなったら、今度はキッチンタイマーを15分セットしましょう!

短い時間で整理をするには、アイテムの種類が少ない靴箱や、クローゼットから始めるのがオススメ!

アイテムの種類とは?

クローゼットの場合

アイテム→洋服(身につけるモノ)
アイテムの種類→スーツ・カットソー・パンツ・靴下・小物など

キッチンの場合

アイテム→キッチンで使うモノ
アイテムの種類→鍋・カトラリー・食器・食品・キッチン家電・お弁当箱・保存容器などなど・・・

例えば、今日は夏物のTシャツだけ、とか、靴下だけ、とか、
アイテムごとに整理すれば、全部出しても15分で整理が可能です。

もしも時間をオーバーしても、そこで打ち切りにし、また次回15分すればいいのです。

まとまった時間にするのももちろんオススメですが、
習慣化したい方は、この、コツコツの方法がオススメです!

ABOUT ME
まきのくみ
整理収納アドバイザー、親・子の片づけインストラクター1級 ココロの状態は部屋の状態に直結し、子育てに影響を与えることを痛感し、整理収納アドバイザーに。 片づけが苦手だった経験を元に、子育て世代に向けた「片づけを通した笑顔の子育て」の講座が好評。男の子3人のママ。
整理収納アドバイザー2級認定講座のお知らせ

私のスタートは、この資格を取ってからでした。

もっとも変化があったのは、
前向きな性格になれたこと。


あなたも挑戦してみませんか?